mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2008年11月27日(木)

fleaongak #2にて田口君CDR。 [レポート]

画像(127x180)・拡大画像(400x565)

今月の22日、古町の砂丘館にて藤井さんの企画する
fleaongak #2というイベントが行われていました。残念ながら僕自身は実際のイベント中に足を運ぶことはできませんでしたが、とにかく行くだけは行きました。到着した時間はちょうど終演時でお客さんが帰られていくところでした。
そこで何人か知人友人に話を伺うことができましたが、皆さんとても満足されているようでした。砂丘館という空間で静かな音でのインプロという内容で貴重なイベントだったのではないでしょうか。

そんな訳でライブのレポートはできないのですが、
この日出演された、田口雅之さんがようやくCDRをまとめたということで早速買って先日聴きました。

田口君の音楽はいくつかの特徴があります。

1つは音色がすべて音響合成によって彼が作っているということで、多彩な音色を操れるようになっていること。

もう1つはリズムの扱いで、人が知覚する周期性と非周期性との間のまさに”ちょうどいい”あたりをうまく使用している様に思えることです。


これら二つの特徴はある部分では互いに依存していますが、多くはそれ単独でも成立するべきものです。
リズムの周期はピッチの選び方にも及んでいる場合も多く、多くは重ねられ1つの周期が緩むと、もう一方が緊張へ向かうように組み合わされていきます。全体構造はそうした要素のフェードインフェードアウトによって作られ結果的に全体の大きなうねりを生み出していきます。

これは少し不思議なもので、ミニマルミュージックやテクノの方法論にも似ていますが、さらにもう少しだけ流動的なもののようにも感じます。

自然音のドローンを拡大してデジタルビットで区切る変換を加えたようなものがあるならば、それはこの田口君の世界に近いのかもしれないなどと考えることもあります。

何より、これだけ丁寧に人の知覚範囲にアジャストされ、選ばれた音たちの組み合わせが保つ一定の質感には感心してしまいました。





画像(180x180)・拡大画像(320x320)

TAGUCHIi, Masayuki CDR-0812

Posted by shimaf at 00時26分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mimiz.org/tb.php?ID=161

コメント

濱地潤一さま、コメントありがとうございます。
CDRの内容は前回のライブの印象とかなり近いものですが、またCDRという形態になるとすこし異なる部分も見え隠れしますね。
田口君から先ほど別件で電話をいただきましたので、その際に濱地さんのことをお伝えしました。とても喜んで(恐縮して?)おられました。
CDRは近日中にBOOK OF DAYSさんに置いてもらえるようにするそうです。

shimaf 2008年11月28日 00時28分 [削除]

非常に興味があります。田口さんの音楽。前回ご一緒したときのものは一部でしょうし。別の角度からの作品も聴きたいです。買います。田口さんによろしくお伝えください。

濱地潤一 2008年11月27日 17時05分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

menu

11

2008


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PHOTO

Mp4-10

Mp4-10

12年07月下旬。

12年07月下旬。

《組曲 変容の対象 》(2009) 3月。

《組曲 変容の対象 》(2009) 3月。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.