mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2011年07月18日(月)

junichi hamaji 《 contempt 》 [CDR系]

画像(180x126)・拡大画像(800x564)

少し前の話になりますが、濱地潤一さん作曲の《contempt》の楽譜/CDR制作をさせていただきました。

現在BOOK OF DAYSさんの店頭かWebショップにて購入可能です。
http://bookofdays-shop.com/?pid=31480728

この作品に関してはかなりの時間を費やして二人でブラッシュアップを行いました。楽譜制作に関しては即興的な要素が作品の重要な位置も占めていますが、しかしそれは構成上の間合いのような部分での即興性で、曲の構造自体はしっかりと閉じられているという事に注目して最大限再現性を考慮しました。簡単にいえば、どこまでが楽曲《contempt》でありあえるのか、という部分に関して現在私たちの回答を込めているつもりです。

非公式には2011年4月11日に新潟古町、画廊FullMoonでのライブにて最初の物販を行いました。おそらくkaneko munenari君が買っていってくれました。その頃出来たのだから、かれこれ3ヶ月も経っているのか。やれる事は本当に限られている。
私はこの制作を通じて濱地さんとの対話をまたいっそう深められたと思っています。そして、音楽に対する濱地さんの視点に、実感を持てずとも想像力を持って接しています。演奏者にしか分からない感覚ももちろんあると思いますし、リアルタイム処理の渦中で自分の演奏の影に囲まれての演奏と言うものもこれまでの経験とは違う部分を含んでいる事だろうと想像します。そこから何が見いだせるかももっと深めていかなければいけないでしょう。




************
Ornette Colemanのアルバム「This Is Our Music」を聴いています。タイトルとそのジャケットのメンバーの表情がとても印象的な一枚です。
This is My Musicではないところ、と、闘志ある目つきに魅かれます。

文句ある奴はかかってこい

そういう立ち位置を音楽を通して持っている、気力の充実が感じられます。
それは考えるほど倒錯していて面白い魅力を持っています。



僕らも常にそれは目指していたし(Mimiz,AML, 濱地潤一×福島諭,etc...)、今後も形を変えてもそうした感覚的な融合は行われるでしょう。問題はそれに意識的であり得るかどうかという事だと思いますし、もちろん音楽以外の場面でも、「This is Our ...」をひとつの指標として考えてみることで、漠然としたものが少しはっきりする気がします。





............


素直に書けないから、おかしな文章になってしまった。
junichi hamaji: contempt for soprano saxophone and computer [CDR]
は僕にとっての「This Is Our Music」のひとつ、重要なひとつの作品だと言う事を本当は書きたかったのです。

かかってこい、という気分にもなるのです。



濱地さんの記述。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20110708

Posted by shimaf at 00時27分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年07月17日(日)

‐Niigata Media Mix‐ [告知関係です。]



新潟のUSTREAMの番組で漫画家の古泉智浩さんが番組をもたれるそうです。
第一回目の放送が今晩22時から予定されています。
一回目のゲストは吉原 悠博さんです。皆さんぜひ。
チャンネルは以下のリンクから。
新潟情報図鑑 ‐Niigata Media Mix‐

Posted by shimaf at 21時47分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年07月16日(土)

110716 [《変容の対象》]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

2011年7月16日の朝:
濱地潤一さんへ《変容の対象》2011年7月2-3小節目(ピアノパート)を送る。

濱地さん、Macのラップトップを購入したようで、今後いろいろな可能性を考えていけそうだと勝手に喜んでいます。
濱地さんはMacを使うのは約6年ぶりとのこと。

Posted by shimaf at 20時36分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年07月14日(木)

110714 [福系]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

少し前だけれど、花の匂いに胸が締め付けられるような気持ちになった。

滅多にこんなことはない。

それは「くちなし」の花だと知る。

Posted by shimaf at 00時02分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年07月12日(火)

110710 [《変容の対象》]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

Jun.26,2011 @ Yokohama

2011年7月10日の夜:
濱地潤一さんより《変容の対象》2011年7月の1-2小節目(サックスパート)を受け取る。

この日は、新潟のだいしホールにて行われた友人も参加するジョイントコンサートを聴きにいった。とても有意義な時間だった。同じ時間を共有し、響きのあるホールで歌曲やピアノ独奏に耳をすます贅沢な時間だった。

團 伊玖磨作曲の歌曲をはじめて聴いた。
また、リストの曲をはじめて好感を持って聴いた。

やはり楽曲の解釈が明確であることが伝わってくるのは喜ばしい。
また、身体と深く結びついている場合の音楽は否定のしようのない「偽りの無い音楽」を浮かび上がらせると感じられた。良い時間だった。


帰りにBattlesの2nd「Gloss Drop」と オーネット コールマン(Ornette Coleman)「Vol. 1-at the Golden Circle」を購入した。

Vol. 1-at the Golden Circleは名盤と呼ばれているので、一度は聴きたかったが、いま安く購入できる時期になっているようだったのでようやく買った。約10年越しくらいか。まだ良く聴き込めていないが、Ornette Colemanらしいフレーズが多く、周辺(のアルバム)から聴いてきた者としては確かに原点はここらへんのアルバムにあるのだろうかという漠然とした感想を持った。手数は決して少なくなく、他のメンバーとの対話がスリリングに伝わってくるが、それはOrnette Colemanにしてみたらいささか分かりやすい対話、スリリングさとも思えた。
聴き手が分かりやすいから、名盤の評価を受けているのではないかとまだ懐疑の念を抱いている。誤解かもしれないのでもう少し聴き込みたい。

明らかにお客の人数の少ないと思える拍手に何とも言えない気持になった。本当に何とも言えず、その拍手に思考が停止する。


Posted by shimaf at 18時55分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

7

2011


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

PHOTO

Mp6-1

Mp6-1

12年07月下旬。

12年07月下旬。

レコードプレーヤー。虹。

レコードプレーヤー。虹。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.