mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2011年09月15日(木)

110915-111009 [告知関係です。]

画像(320x222)・拡大画像(508x353)

2011年09月15日より10月09日までの期間:
新潟県新発田市の吉原写真館において以下の展覧会が開催されています。
是非お越し下さい。

http://www.spiral1839.com/2011/08/29/写真の町シバタ-プロジェクト/

また、会期中に2回のトークセッションが行われます。第1回目は17日(土)で写真家の平間至さんをお招いきし、吉原悠博さんとの対談が行われます。ご予約の上是非足をお運び下さい。

平間至さんのブログでトークセッションの事が書かれていましたの以下リンクを。
http://itarujet.com/blog/?p=207

Posted by shimaf at 14時53分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年09月13日(火)

110912 [mimiz meeting]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

偶然3人がスカイプにログインしていたので、久しぶりに3人で話をした。

それぞれに動きがあり進捗が聞けてよかった。

飛谷謙介君の論文を少し読ませてもらった。面白い。
鈴木悦久さんとは8月のドイツでの再会の思い出を少し。

写真についてのことなど。

Posted by shimaf at 02時09分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年09月12日(月)

110911 [《変容の対象》]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

《変容の対象》2011年9月の第1小節目(ピアノパート)を濱地潤一さんへ送る。

Posted by shimaf at 00時09分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年09月09日(金)

《変容の対象》2011年8月公開。 [《変容の対象》]

画像(180x119)・拡大画像(800x533)

今月の変容はまだ進んでいない。

+

《変容の対象》2011年8月が先月無事に終止したので、濱地潤一さんと相談し先行的に音源だけでもwebで聴けるようにしようかという話になった。
《変容の対象》に関しては作品の性質上、もう少し体系的なweb構築や情報の蓄積といった事も考えていかなければいけないだろう。ただ、時間がかかりそうだ。

以下、2011年8月の《変容の対象》です。1分以内の小品ですが僕も濱地さんも気に入っています。
http://www.box.net/shared/ua41f6k9e5b07jzgzppf

音源に関しては実際に演奏したものではありません。作品の理想を実現しているものでもありません(ベストは尽くしました)が、その辺りは差し引いてもらえればありがたいです。


++
Perlという言語は勝手にオシャレな言語だという先入観があって、手を出さなかったのだけれど、そんな先入観も10年もすれば色あせるものなのか。
今日は少しモチベーションを持ち上げてくれた。表面だけでも習得できたら面白そうだ。

+++
濱地潤一さん
「埋没する3つのbluesに捧げるコンデンス・ミュージック」その1
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20110907
この作品について僕と濱地さんが初めて電話とスカイプで話をしたのは、先月の14日。僕は東京の神田に宿を取って、映像作家・前田真二郎さんの関わるダンス公演「ブラックアウト」を観に行く時だった。
http://www.mimiz.org/index.php?ID=654
実は神田の本屋を巡るのは初めてで、念願だったのだけど、お盆でまともな本屋さんはすべて閉まっていたので少し残念だった。本屋を巡るのが目的ではなかったわけだけど。
いま思えば、前田真二郎さんや濱地潤一さんはじめ、いろいろな方の思念や作品に触れ、その渦の中に独り身を置くようなそんな日だった。

音響のカットアップ処理が力を持続するためには、カットアップされる音源自体の情報量の多さがどうにも必要で、結果は大きく左右される。それ故、濱地さんの吹き込んだ3つの旋律にはそれに耐えるだけの潜在的な強度が留まっていると、再発見する作業にもなっている。テストバージョンの作成はもう少し続ける事になりそうだ。

++++
濱地潤一さん
"prelude(with computer processing)110902−4"
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20110908

「現代音楽研究会」というものを大学の同期の方が不定期に開いている。
ひょっとしたら来年の2月くらいに再び行うかもしれない。
そこで、濱地潤一さんの新作piano曲が聴けたら素敵だろう。

+++++
プロダクトデザイナーの高橋悠さんのデザインした商品が出たようだ。

http://twitter.com/#!/slow_glass/status/110988825001603072

Posted by shimaf at 02時24分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2011年09月07日(水)

110907 [《変容の対象》]

画像(180x135)・拡大画像(800x600)

《変容の対象》も、今年は3年目です。今月9月の動機は福島のpianoからスタートの予定ですが、いっこうに書けません。
まだ真剣に鍵盤に向かってすらいません。先月は運良く後半にノッていけましたが、だんだんそのような領域を作っていくのは難しくなっているような気がしています。
しかし、先月の曲は先行してweb等で聴けるようにしようか、等、濱地さんとやり取りは続いています。

先週、夜更かしといいますか、夜中に目が覚めてそのまま朝日を拝んだりといった生活周期が続き、自然とそうなっていたので意識もしなかったのですが、学びたいことは多くあるし、形にしたいものも多くあるし、でもそろそろデスクトップ(両意)も整理したいし、などなどと、
それはそれで爽快なのですが、あるときから身体が疲れてしまって、日中眠くなるし、よくないなーと思っていました。

数日充分に睡眠を取らせてもらいました。それだけでかなり楽になりました。
かなり楽ですが、それ以前の気持と比べてすこしゆったりしてしまっているので、これはこれで良くないような気がしています。その間にも世界ではいろいろな事が起こっています。

************
9月4日に新作《フロリゲン・ユニット》のセンサリングテスト(オーボエの演奏をトリガーにしてコンピュータが動作するためのテスト)を新潟で行いました。
テストには新潟のオーボエ奏者さんが快諾してくださいました。ありがとうございます。
テストは概ね成功しました。プログラムは濱地潤一さんとの長年のやり取りで作ってきたノウハウが利用できたのでそれが良かったかもしれません。
ただ、コンピュータはどんな誤動作するか、なかなか信用できないので、もう少し調整する機会は欲しいです。




Posted by shimaf at 18時40分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

9

2011


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PHOTO

9回目円盤ライブの報告。

9回目円盤ライブの報告。

180103

180103

120807

120807

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.