mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2012年12月19日(水)

121218 [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20121217

2012年12月18日の朝、濱地潤一さんより5-6小節目を受け取る。

夜に6-7小節目(ピアノパート)を濱地潤一へ送った。
身体が怠く風邪の初期?早寝すれば治ると判断し、18日の夜は早めに就寝。

Posted by shimaf at 08時41分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年12月16日(日)

121216-17 [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

分断の予感がある。

自制のために、
偏見や誤った判断で他人を傷つけないために、
想像力が必要だ。

+

17日に日付が変わって2:40。濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》4-5小節目を送る。

今月は音数指定に「−0」という数を導入した。意味は、"好きな音数で"。
今のところ、この指定の導入による混乱や停滞は無く、むしろ順調といえる。今月は音数指定の他に、事前に(12×12)の行列を冒頭文の一部に置いている。私自身がこの音列の制約内に身を置く事に決めているため、はじめての試みでもあるし、これだけで充分な制約となっていると思うから、これまでの音数指定の制約を少し緩める事を考えた。(この行列の使用は特に濱地さんへは強要していない。)

+

12平均律の半音の音程差を最大12等分する音の組織を基準に考えていると、そもそもA=440Hzである必然性がまったく無くなってくる。歩み寄る事はできるが、数値がややこしくなる。
基準をどこに取るかをまだ決めかねているにしろ、440付近であれば430.538971Hzか456.140045Hzといったところは表れるが、もう少し整理しないとはっきりしない。

Posted by shimaf at 22時21分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

「それはそれとして」 [告知関係です。]

画像(320x226)・拡大画像(650x460)

久々、anti music主催のイベントです。

http://d.hatena.ne.jp/antimusic/20121222/p0

以下そのまま転記です。
*************

「それはそれとして」

◆期日

2012年12月22日 (土曜)

2012年12月23日 (日曜)

両日とも午後4時開演


◆会場

1日目

正福寺
(新潟県新潟市中央区西堀通7番町1548)



2日目

砂丘館
(新潟県新潟市中央区西大畑町5218-1)



◆料金

当日2500円 (2日間有効)


◆出演

1日目

Sachiko M (sinewaves)

大友良英 (ギター)

島田英明 (バイオリン)

ASUNA (オルガンほか)

福島諭 (コンピューター)


2日目

大友良英 (ターンテーブル)

Filament (大友良英とSachiko Mによる作曲作品演奏)

AGENCEMENT (電子音)

ASUNA (オルガンほか)

能勢山陽生 (エレクトリックギター)

鎌田悠 (カセットテープレコーダー)


◆チラシ絵

漫画研究会 犀の眼 基村英行


※2日目は演奏上、やむを得ず大音量になる場合があります。ご注意ください。

※会場はとても寒いので暖かくしておいでください。

※タイトルは鈴木大拙より拝借しました


◆主催

ANTI MUSIC
antimusic8@yahoo.co.jp



◆12/24 水と土の芸術祭 最終日
◆大友良英オーケストラNIIGATA!
http://www.mizu-tsuchi.jp/?p=19581

*************

Posted by shimaf at 08時04分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年12月15日(土)

121215 [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

15日に日付が変わり、気がつくと深夜に濱地潤一さんからメールが入っている。《変容の対象》の返信だった。3-4小節目、サックス・パート。
http://d.hatena.ne.jp/hamajijune/20121215

もう起きているには限界近い時間になっていたけれど、結局昨日箇条書きしたto do リストの8つの項目は何一つ消化されないままだった。12平均律から12段階に分けてオクターブ関係が半音ずつ圧縮されていく音程を繰り返し聴きながら、どのようにこれを移植しようか考えていると手が止まってしまうのだ。

仕方なく、ノート代わりの方眼紙にメモを残そうと書き始める。箇条書きのメモはのりで貼ってみた。乱雑な文字しか書けなかった。そのうちに床で寝てしまったようだ。4時前後だったか目が覚めて、布団に行く。

(1)音階の底となるピッチ。
(2)音階内の音:12種類(0-11のナンバーとその各オクターブ関係)
(3)仮想オクターブの音程(平均律の音程関係に限る、この音程が完全八度の場合は一般的な12平均律の調律となる。)

(1)(2)(3)はパラメータとして扱える。自由に変更して音響を組織するのか、固定して調律の個性を深めるのか。しばらくはどちらのアプローチも必要に違いないが、今回はどうするか。



こうした音程関係は、指定の周波数をサイン波などを使い絶対音で出力/組織する使用方法と、サウンドファイルの再生速度などに当てはめ相対的な関係で構成/組織する使用方法がある。対比的に使えば構造上同じものから異なる音響を得る事にもなる。

Posted by shimaf at 19時45分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2012年12月14日(金)

"BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW" [告知関係です。]

映像作家前田真二郎さんが発起人の
WEBムービープロジェクト"BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW"がこの度
第16回文化庁メディア芸術祭にてアート部門・優秀賞を獲得されました。

http://j-mediaarts.jp/awards/excellence_award?locale=ja§ion_id=1

前田真二郎さん 岡澤理奈さんSOL CHORD、そして参加されている作家さんの皆様、おめでとうございます!



映像の編集を指示書という形で規定してあるけれど、声、構図、編集のタイミングなどから作家それぞれの個性がかえって強調されたり、作家自身の体験の個別性が現れてくる感じなど、

派手で分かりやすい表現でなく、その総体として表れる関係性はまだまだ示唆に富んだ予感を孕んでいます。こうしたプロジェクトに評価が与えられるというのはすばらしいなと思いました。

+

"BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW"のwebサイト

Posted by shimaf at 23時15分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

12

2012


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PHOTO

Weekly Temple @ 正福寺 第二週

Weekly Temple @ 正福寺 第二週

《florigen unit》分析

《florigen unit》分析

土居哲真さん次回作。

土居哲真さん次回作。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.