mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2017年04月13日(木)

170411-13 [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

2017年4月11日に濱地潤一さんより受け取っていた今月の《変容の対象》の1小節目、冒頭文は「Hic incipit amor Dei.」とあった。
今ほど、1-2小節目を書いて送った。

Posted by shimaf at 22時56分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月11日(火)

170411 [《変容の対象》]

画像(268x320)・拡大画像(670x800)

和歌山の濱地潤一さんと2009年から進めている交換作曲組曲《変容の対象》ですが、去年1年分の12曲をWEBに公開致しました。リンクのページには12曲のシミュレーション音源の再生と楽譜、濱地さんと私からの総括文が載っています。


http://www.shimaf.com/h/h16.html#h16

Posted by shimaf at 20時38分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月08日(土)

170407 [福系]

画像(320x308)・拡大画像(800x772)

昨日は少し急ぎの確認事項があり濱地潤一さんとSkypeで通話。たまには直接会話することも必要なり。Mimizでも近いうちにやりたい。

Posted by shimaf at 21時35分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月06日(木)

170406 [福系]

Posted by shimaf at 10時49分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月05日(水)

宮本尚晃+能勢山陽生 「響きと怒り」2017 [レポート]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

変わらないこと、持続すること、というようなことを昨日のトークで語っていたお二人のライブ。2回目の能勢山さんのアプローチはここ何年か可能性を探っている新しいアプローチで、聴き手の自分としてはそれが一番リアリティーを持って聴けた。デッドな蔵の中という環境ともマッチした、ゴリゴリした音響で、ギターをドローンで歌わせるというよりは叫びをひねり出させるような感じ。
ひょっとしたら奏者自身も制御できない危険な瞬間に立ち会う事になるのかもしれない、と感じる瞬間もあり、、そのこと自体が、既に忘れはじめている過去の記憶に少しだけ接触するような、そういう類いのリアリティーを今自分は感じているんじゃないかと思って聴いていた。
変わらないために、能勢山さんが挑戦している現在の姿に触れてきました。このタイミングで聴けて良かったです。
++
宮本尚晃+能勢山陽生 「響きと怒り」2017
開催期間:LIVE(2ndDay)/2017年 4月5日(水)18:45〜 会場:砂丘館ギャラリー(蔵)
料金:1,500円 定員20名
主催:砂丘館+能勢山陽生

Posted by shimaf at 22時56分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

4

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

PHOTO

ベルリン楽器博物館 その2

ベルリン楽器博物館 その2

091125-28

091125-28

090711

090711

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.