mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2017年05月08日(月)

RADIO SAKAMOTO 2017年5月7日放送分 [告知関係です。]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

そうですね、再演したいです。

J-Waveで2ヶ月に一度放送されているRADIO SAKAMOTO のオーディションコーナーで、2013年に作曲した《BUNDLE IMPACTOR》for AltoSaxophne, Oboe, 2Clarinets and Computerを紹介していただきました。今回コーナーはU-zhaanさんと長嶋りかこさんのお二人が担当されていました。貴重な機会を頂き、大変ありがとうございます。
他にもバラエティーに富んだ音楽が紹介されていて、また、それに対するコメントも興味深く、今回も面白く聴きました。応募総数もどんどん増えているとのことですが、次回からエントリー方法もネット上から簡易にできるようになるようです。どんどん送りましょう。

僕自身は過去作品の未整理だった楽譜を再度書き直す目標にさせてもらっています。今回《BUNDLE IMPACTOR》('13)の楽譜を清書する中で、当時自分が何を考えていたのか、未整理のまま進めている数値操作などは、ちょっとよく思い出せない部分もあったりするのですが、新たに分かった部分などもあり面倒だけどやってよかったです。

*RADIO SAKAMOTO の放送はRadikoのタイムフリー機能で1週間以内であれば聞くことができます。J-WAVEが入らない地域の場合はRadikoプレミアムへの登録(有料)が必要になります。



《BUNDLE IMPACTOR》
for AltoSaxophne, Oboe, 2Clarinets and Computer

○演奏者:
Alto Saxophone:濱地潤一/はまじ じゅんいち
Clarinet:伊藤めぐみ/いとう めぐみ
Clarinet:櫻田はるか/さくらだ はるか
Oboe:山口裕加/やまぐち ゆか
Computer Operate:福島諭/ふくしま さとし

○初演:
2013年3月7日 アサヒ・アートスクエア "日本電子音楽協会創立20周年記念事業「時代を超える電子音楽」"

Posted by shimaf at 03時14分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月20日(木)

170420- [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

2017年4月20日:
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》5-6小節目を送る。

2017年4月21日:
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》7-8小節目を送る。

2017年4月23日:
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》9-10小節目を送る。

2017年4月24日:
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》11-12小節目を送る。

2017年4月25日:
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》13-14小節目を送る

2017年4月27日:
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》15-16小節目を送る。
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》17-18小節目を送る。

2017年4月28日:
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》19-20小節目を送る。

2017年4月29日:
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》21-22小節目を送る。

2017年4月30日:
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》、何も書かずにここでfineとしますと連絡をする。来月は僕の動機から。

Posted by shimaf at 16時26分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月14日(金)

福島諭:室内楽 2011-2015 [BOOK&CD系]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

2016年にG.F.G.S.レーベルより
CD「福島諭:室内楽 2011-2015」が発売されています。この度、G.F.G.S.のWEBより購入いただけるようになりましたので、お知らせ致しました。
詳細は以下のリンクになります。
http://www.gfgs.net/shop/?p=1152


とても時間をかけて大切に制作しました。演奏者の皆様は勿論、ご協力いただいた皆さんの力添えのおかげで流行廃りに関係のない僕にとっても大切な1枚になっています。

収録曲:
Track 1: 《フロリゲン・ユニット》(’11)
   オーボエ、2管のクラリネットとコンピュータのための

Track 2: 《branch of A》(’15)
   尺八とコンピュータのための(抜粋)

Track 3: 《春、十五葉》(’15)
    5管の木管楽器とコンピュータのための

Track 4: 《BUNDLE IMPACTOR》(’13)
    オーボエ、2管のクラリネット、
    アルト サクソフォンとコンピュータのための

Track 5: 《patrinia yellow》(’13)
    クラリネットとコンピュータのための

*第18回文化庁メディア芸術祭アート部門 優秀賞作品《patrinia yellow》収録



【奏者】
オーボエ: 山口裕加
クラリネット: 鈴木生子
クラリネット: 伊藤めぐみ
クラリネット: 櫻田はるか
アルト サクソフォン: 濱地潤一
尺八: 福島麗秋


【クレジット】
ライナーノーツ: 三輪眞弘(作曲家)
デザイン: 小泉均 + Scriptographer univers
マスタリング: 鈴木悦久 (Mimiz)
協力: 飛谷謙介 (Mimiz)、愛美
レーベル: G.F.G.S.
CDに関するお問い合わせは label@gfgs.net まで(専門的な質問では僕も対応できますので是非お気軽に)。



CDを手に取って現物をご覧になりたい方のために、新潟ですと
コンチェルトさん(東中通のギャラリー「蔵織」内のCDショップ)か

りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館の受付でも扱っていただいています。

また引き続き、福島諭個人に直接問い合わせていただいてもかまいません。
(これまで福島個人に直接声をかけてくださりご購入いただいた方々にもこの場をかりて深く感謝申し上げます。)

Posted by shimaf at 10時50分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月13日(木)

170411-13 [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

2017年4月11日に濱地潤一さんより受け取っていた今月の《変容の対象》の1小節目、冒頭文は「Hic incipit amor Dei.」とあった。
今ほど、1-2小節目を書いて送った。

Posted by shimaf at 22時56分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年04月11日(火)

170411 [《変容の対象》]

画像(268x320)・拡大画像(670x800)

和歌山の濱地潤一さんと2009年から進めている交換作曲組曲《変容の対象》ですが、去年1年分の12曲をWEBに公開致しました。リンクのページには12曲のシミュレーション音源の再生と楽譜、濱地さんと私からの総括文が載っています。


http://www.shimaf.com/h/h16.html#h16

Posted by shimaf at 20時38分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

5

2017


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

PHOTO

夏にバテず。

夏にバテず。

Feb.05,2008、2人mimiz(suzuki+fukushima)@円盤

Feb.05,2008、2人mimiz(suzuki+fukushima)@円盤

何か書いてみよう。

何か書いてみよう。

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.