mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2017年06月19日(月)

ANTI MUSIC LIVE IN JUNE [告知関係です。]

画像(111x320)・拡大画像(278x800)

明日、20日(火)、Next21で 元ディーゼル・ギターの能勢山陽生さんと、haikarahakuti (ROSE RECORDS)で活躍の鎌田悠さんのライブがあります。前回に引き続き無料、途中入退出自由です。今年は久しぶりにANTI MUSICが活発でお祭り感ある。
僕は前回同様のPA機材を持ち込んで裏方やります。空間と音量・音質について考える時間です。

+++
◆ANTI MUSIC LIVE IN JUNE◆6/20火◆NEXT21アトリウム(新潟西堀6)◆午後7時〜9時◆無料◆鎌田悠(haikarahakuti)、能勢山陽生(DIESEL GUITAR)◆NEXTビル1階公開空地にてテープノイズとギタードローン。自由にご見物ください

https://twitter.com/enshh/status/870850746454949890

Posted by shimaf at 20時28分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年06月18日(日)

吉田靖アンサンブル Heavenly Me Last Days [告知関係です。]

画像(320x283)・拡大画像(800x709)

いよいよ一週間後に古町の喫茶MAKIにて演奏します。オープニングアクトです。尺八の福島麗秋とも1曲新曲を演奏します。

2017年から自分の環境も変わり、音自体に接する時間もとても増えました。そのこととも関係してくると思うのですが、自分の中で日々揺れ動くバランスのようなものを意識することが多くなりました。元々、そういうものが嫌で嫌で自分から遠ざける作曲方法を10年以上進めてきました。が、今年は逆にそれを少し緩めて、日々変化するものを受け入れてみようと考え始めています。揺れ動くバランスの渦の中でベストの状態を常に「発見していくこと」が、作曲家に求められる要素なのではないか、とも考えるようになっているからです。
僕はプレイヤーではない、だから再現芸術への憧れもあるのだけれど、自分でやれることはそこからはほど遠い、だから("再現"ではなく)本番の時間の中でとにかく発見的な時間の関係を見つけていくこと、これをあらためて課してみようと考えています。
だからとにかく今回はいろいろ挑戦しようと思っています。会場のピアノの状態が良ければ鳴らすかもしれないし、ギターも弾いてみるかもしれません。コンピュータは使います。とにかく良い時間になるように誠意(心も)準備中といったところです。
もう一週間後、来れる人には是非見届けて欲しいと思っています。
なので再告知です。どうぞ、よろしくお願い致します。

Posted by shimaf at 22時09分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年06月15日(木)

2017年6月 [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

2017年6月10日に日付が変わった頃:
今月の《変容の対象》、濱地潤一さんより1小節目を受け取る。

2017年6月15日に日付が変わった深夜:
ようやく1-2小節目を返信する。


2017年6月19日:
今月の《変容の対象》3-4小節目を濱地潤一さんへ送る。


2017年6月22日:
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》5-6小節目を送る。

2017年6月25日:
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》7-8小節目を送る。


※ 送ったと思ったら、その後会場へ行く車の中で濱地さんからのメール。「福島さん、私の送った小節ではないものが貼られています。おそらく4-5小節目をもう一回貼ってあるみたいです。。」という主旨のメールを頂き、、エライ間違いをしていたことに気がつく。

(今回はレアケースだったので特例で書き直しOKとしました。)


2017年6月25日:
折角書いた昨日の旋律はどうなるのかと少し残念な気持ちで、濱地さんのパートのコピー間違いを直してから、(とりあえず昨日のピアノの旋律はそのままに)再生しました。

2017年6月26日:
基本的にはこのままいける、と思って微調整して先ほど送り直しました。ここに変容の秘密がありそう。。
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》7-8小節目(訂正版)を送る。

2017年6月27日:
8-9小節目を送る。


2017年6月29日:
和歌山の濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》11-12小節目を送る。今月は今年のおおよその平均と比べて半分くらいのやり取り。明日が最終日。

2017年6月30日:
濱地潤一さんへ今月の《変容の対象》13-14小節目を送る。
今日で今月は終わり。

Posted by shimaf at 02時50分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

re voice [福系]

画像(320x185)・拡大画像(800x463)

今年の3月に録音していた音源(2chのfixされたもの)の、「楽曲の構造はそのまま」で、「処理される音源を差し替え」ることは可能か、、ということを先週から挑戦することになり、オリジナル音源は半即興的に楽曲の構成をつけていたものだから、聴きながら比較分析して、処理を再現できるようにあらためてMax内に固定していくことに。。
頑張ったわりにこんがらがってしまい一度は諦めかけたけど、昨日よく寝たらじっくり取り組むことができてなんとか光が見えた。
音源を8種類差し替えた後は「印象は異なるけれど構造は同じ」というちょっと変わった兄弟みたいな音源ができた。

結果的には即興的に楽曲を捉えている時の録音物を分析することになり、(普段なら面倒くさいので絶対にやらない)自分の過去の頭を見直すような作業で大変勉強になった。と同時に、つい3ヶ月前の頭の状態なんかはもうすっかり忘れているということに愕然ともなる。

画像(320x163)・拡大画像(800x408)

Posted by shimaf at 01時45分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年06月11日(日)

日本電子音楽協会(JSEM) [福系]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

今年4月の総会において日本電子音楽協会(JSEM)の理事としての役割を受けました。任期の2年間、頂いた責任を果たして(還元して)いけるように務めたいと思います。(特に)若い世代の人はどんどん僕を利用してください。
_
昨日6月10日には今年度初の理事会が行われるということで、東京へ日帰りしてきました。
_
_
また、理事会後、偶然Mimizの鈴木悦久さんにもお会いでき(先端芸術音楽創作学会JSSAの会議のため来ていたらしい)帰りに少しの間、話ができました。いま僕らにできること、やりたいこと、やらなきゃいけないことがあり、それをどう実現していけるのかなどまだまだ話したかったです。
_
あえて書きますが、商売でもなく、趣味でも遊びでも権威でもない音楽を、どう社会に位置づけていけるのかを考えていかないといけない時期なのかもしれません。東京はあんなに人で溢れているのに、なんだかとても難しい孤独を感じました。
_
日本電子音楽協会(JSEM)は会員も募集しています。
質問してください。
(今これを読んでくださった新潟在住のあなたもぜひ)

Posted by shimaf at 01時55分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

6

2017


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

PHOTO

Twill The Light 025 : openFrameworks

Twill The Light 025 : openFrameworks

4月になりました。

4月になりました。

新曲を進めよう。(4の2)

新曲を進めよう。(4の2)

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.