mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2017年07月02日(日)

Jun.13, 2017 松井さんチアキさん [福系]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

新発田のCaffenovaの店主、松井さんと、以前からいろいろ興味のあるチアキさんにそれぞれギターの音を録音させて貰いました。

これは、数年前からMimizの飛谷謙介くんと、和歌山の濱地潤一さんと3人で進めているギタープロジェクトを通じて僕自身が気づいたことを少し範囲を広げたいと思ってお願いしたことです。

まだ漠然としていますが、今僕は身体やモノの奥にある記憶のようなものに興味が向いています。考えてみればギターに対して人生のある時期に集中して弾き込んだ人というのは案外多くいるのかもしれないし、そうした人の出す音にはそれぞれの音楽的趣向や人柄が出ていてとても尊く感じられます。
このプロジェクトがどう帰結するかまだ分かりませんが、今現在面白い気がしていますし、今後もっと明確な何かの気づきに繋がらないかしらと思いつつ。

お忙しい中、松井さんチアキさんありがとうございました!

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

Posted by shimaf at 17時56分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年06月30日(金)

170630 [福系]

画像(320x192)・拡大画像(800x480)

今日の新潟は蒸し暑かった。夕方からタンジェント デザインの高橋悠さん香苗さんと8月27日の打ち合わせをする。その後、遠藤龍さんとも8月27日の打ち合わせをする。
+
それにしても蒸し暑い。コーヒーの出がらしは普段ゴミ箱とは別の場所にまとめておくのだけど数日でカビが咲いていた。それらを朝捨てるためにゴミ袋に入れながら、このカビたちの行く末を想像する。人間だって遙か昔はほんの小さな生命体だった(とされている)のだけど、それらが命を繋いで今ここまでの形になるなんて日常の時間のサイクルでは全く想像できない長さだろうし、多くのトライ&エラーの中から様々な条件をクリアーした生命の行く末の中に僕らも存在しているという尊さが沸き上がってくる。湿度や環境が整えばカビもこれだけ元気に繁殖するのだからその多様な可能性の渦は現在も同時進行で何層にも重なっているということなのだろう。
高橋悠さん、高橋香苗さん、遠藤龍さんとそれぞれ話していると、みんなほんとにいろんな事を知っているし日々アンテナを張っているのが分かる。素直に嬉しいし、刺激になる。明確な着地点がまだ見つからない中で様々な表現の可能性について話合っている僕らもまた多くの可能性の渦の中にいる。今はまだその可能性について話合っていて良い段階だから時間が許されるだけ考えたい。条件が揃えば大きく繁殖するカビの生命力について考える事とそれほど遠い事でもないんだろうなというようにも個人的には思えた。

※写真は去年の冬。

Posted by shimaf at 23時46分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年06月21日(水)

ANTI MUSIC JUNE LIVE 2017 [レポート]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

ANTI MUSIC JUNE LIVE 2017
良い感じでした!
東京からわざわざ見に来てくれた音楽家(普段はNY在住とのこと)とキュレーターの方もいらしたとかで、なんだか面白いローカルイベントになりました。みんなすごい。
個人的にも得るものの多い日でした。お話できた皆様ありがとうございました。

Posted by shimaf at 01時07分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年06月19日(月)

ANTI MUSIC LIVE IN JUNE [告知関係です。]

画像(111x320)・拡大画像(278x800)

明日、20日(火)、Next21で 元ディーゼル・ギターの能勢山陽生さんと、haikarahakuti (ROSE RECORDS)で活躍の鎌田悠さんのライブがあります。前回に引き続き無料、途中入退出自由です。今年は久しぶりにANTI MUSICが活発でお祭り感ある。
僕は前回同様のPA機材を持ち込んで裏方やります。空間と音量・音質について考える時間です。

+++
◆ANTI MUSIC LIVE IN JUNE◆6/20火◆NEXT21アトリウム(新潟西堀6)◆午後7時〜9時◆無料◆鎌田悠(haikarahakuti)、能勢山陽生(DIESEL GUITAR)◆NEXTビル1階公開空地にてテープノイズとギタードローン。自由にご見物ください

https://twitter.com/enshh/status/870850746454949890

Posted by shimaf at 20時28分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年06月18日(日)

吉田靖アンサンブル Heavenly Me Last Days [告知関係です。]

画像(320x283)・拡大画像(800x709)

いよいよ一週間後に古町の喫茶MAKIにて演奏します。オープニングアクトです。尺八の福島麗秋とも1曲新曲を演奏します。

2017年から自分の環境も変わり、音自体に接する時間もとても増えました。そのこととも関係してくると思うのですが、自分の中で日々揺れ動くバランスのようなものを意識することが多くなりました。元々、そういうものが嫌で嫌で自分から遠ざける作曲方法を10年以上進めてきました。が、今年は逆にそれを少し緩めて、日々変化するものを受け入れてみようと考え始めています。揺れ動くバランスの渦の中でベストの状態を常に「発見していくこと」が、作曲家に求められる要素なのではないか、とも考えるようになっているからです。
僕はプレイヤーではない、だから再現芸術への憧れもあるのだけれど、自分でやれることはそこからはほど遠い、だから("再現"ではなく)本番の時間の中でとにかく発見的な時間の関係を見つけていくこと、これをあらためて課してみようと考えています。
だからとにかく今回はいろいろ挑戦しようと思っています。会場のピアノの状態が良ければ鳴らすかもしれないし、ギターも弾いてみるかもしれません。コンピュータは使います。とにかく良い時間になるように誠意(心も)準備中といったところです。
もう一週間後、来れる人には是非見届けて欲しいと思っています。
なので再告知です。どうぞ、よろしくお願い致します。

Posted by shimaf at 22時09分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

7

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

広告

PHOTO

160910

160910

091029

091029

100615-16

100615-16

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.