mimiZ

mimiZのライブ情報、音源などを発信していきます。

2018年08月14日(火)

RGB2 [告知関係です。]

画像(320x320)・拡大画像(800x800)

昨年に引き続き今年もやります。
遠藤龍さんの映像、高橋悠さん+高橋香苗さんの立体もどちらも新作です。今回僕は高橋さんたちの立体作品に音で関わらせてもらいます。
尺八とコンピュータのための《季鏡》の2018年バージョンも演奏します。
自分の領域をどれだけ踏み越えられるかを試せる良い場になり始めているので継続していきたいイベントです。ぜひご予約ください。

「RGB2 -Replace the Gliding Body- 」

▇日程
2018年 9月 1日(土)

▇料金
前売2,000円
当日2,500円

▇時間
各回 14:30 OPEN 15:00 START

▇会場
蔵織(〒951-8062 新潟県新潟市中央区西堀前通1-700)

▇主催・後援・問い合わせ
主催 : fish scores
後援 : 日本電子音楽協会, G.F.G.S.Label
問い合わせ:info(at)shimaf.com

□詳細
http://www.shimaf.com/photo/20180901_event.html

Posted by shimaf at 02時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年08月11日(土)

《変容の対象》2018年8月第2-3小節目 [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

濱地潤一さんへ《変容の対象》2018年8月11日の2-3小節目を送る。

Posted by shimaf at 20時07分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年08月07日(火)

《変容の対象》2018年8月第1小節目 [《変容の対象》]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

濱地潤一さんへ《変容の対象》2018年8月の第1小節目を送る。(今回はピアノを触りながら響きを探した。)

Posted by shimaf at 00時05分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年08月03日(金)

周辺の音楽》-映像作家・池田泰教の場合 記録と創造編- [告知関係です。]

画像(320x213)・拡大画像(800x533)

池田泰教さん、本当にありがとう。
2日間の会を通じて、本当に対等で強い精神が互いに響き合う瞬間に立ち会えました。
図らずも、水土の市民プロジェクトに関わる作家さんとの交流も生まれていたし、僕が尊敬する音楽家や画家や画廊のオーナーの方だったり、そういう普段は違う領域の人達が池田さんの表現する映像の世界(とその背景)に一度に耳を向ける機会なんてそんなに何度もあるものでは無いだろうけど、でも全員の貴重な時間を一時豊かにしてくれるだけの説得力を持って語ってくれたのはほんとに心が熱くなりました。

前回のpalさんの会でも感じたのだけど、二日公演のトークイベントは、初日は何処か切実な、ロマンチックな語りになるし二日目は整理されて明確になるという傾向もあるようです。そんな発見も嬉しい。

ちょっと充電させてもらって《周辺の音楽》はまたいつか、何回かのシリーズで行うと思います。まだそれがいつかは分かりませんが、その時はまた、皆さんよろしくお願い致します。福島諭。

Posted by shimaf at 22時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2018年07月17日(火)

「新川史眼2018」 [告知関係です。]

画像(226x320)・拡大画像(566x800)

※福島諭が、7月14日(土)から開催されている新潟市の「水と土の芸術祭」【西05】新川史眼2018プロジェクトに参加しています。美術家・吉原悠博による映像作品「新川史眼2018」の音を担当しました。作品は内野地区にある静田神社内に展示奉納されています。




気持ちは決して軽いものではありません。今後はあらゆる芸術祭と呼ばれるものには一定の距離を置いていくつもりです。
僕はもともと所謂アートもアーティストという言葉もどうも好きになれないし、それよりは芸術と呼ばれるものに憧れはするけれども、芸術祭と括られた時点で何だか居心地が悪くなります。
そう感じる時点で芸術祭の在り方にはもともと構造的に大きな問題があるようにも思えるのです。
現在静田神社で展示されている作品は本来芸術祭の枠の中で観られるべきものでもないと思います。それとはもっと別の次元でシリアスな時間の集積を扱っているものだからです。
その意味で僕のほうから是非足を運んでくださいとは言いません。
もう今回が最後ですね、と感じながら奉納させてもらった音が納まっています。

Posted by shimaf at 12時12分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

menu

8

2018


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PHOTO

100529-30

100529-30

一本勝負

一本勝負

110520

110520

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 podcast

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2007-2009 mimiZ All rights reserved.